税理士の枠にとどまらない
経営のパートナー坂本拓真税理士事務所


お知らせ

2020.04.30 INFORMATION

三重県新型コロナウイルス感染症対応資金

 

無事に予算案は通過したようですね。今回は色んな政策が入りすぎてて結局何が通ったのかよく分からないところも正直ありますがそこは明日の新聞で確認するとして、とりあえず明日から始まる制度のお話です。

実は持続化給付金とか現金10万円の給付金とかより、事業をされている方にとっては大事なものがあるんです。

 

#三重県新型コロナウイルス感染症対応資金

中小企業・小規模企業を支援するための保証料ゼロ、3年間実質無利子の融資が5月1日から始まります。→https://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000888059.pdf

 

 

ってか、三重県のホームページを見ると、右上はもう5月1日になってます。

県がフライングの資料出してる(笑)

 

今回のこの制度は、ひとことで言うと日本政策金融公庫がコロナの影響で売上減少してたら無利子で貸します!ってやってる融資の民間版。

要は三重県だと百五銀行や第三銀行・三重銀行、桑名三重信用金庫などから売上が減少してるなどの要件はありますが、3年間無利子で三重県信用保証協会に支払う保証料も負担なしで借りられる融資を始めますよ5月1日から、ってものです。

日本政策金融公庫で融資の申し込みが激混みで実際に借りられるのは2ヶ月先とか全然緊急になってないんですが、民間のこいつは明日スタートなんで早期に融資が受けられると思います。3,000万円が上限ですが、※条件が合えばこれまで借りてる借入との借換もいけるので借りない手はないかと。

※こちらの条件については各金融機関様にご確認ください。

緊急事態宣言の延長も現実味を帯びてきており、長期戦は避けられない状況ですので少しでも手元資金を確保しておくことをオススメします。

ここからは個人的な見解なので参考程度に聞いて欲しいのですが、今回のこの制度については金融機関はめっちゃ乗り気です。公庫だけ無利子が始まってなかなか積極的に出れなかった民間の金融機関からすると待ってましたの制度だからです。3年間無利子で据置2年OK(据置期間は各自確認してください。)となるとめっちゃ提案しやすいですし、とりあえず借りておいてもらっても無利子なんで何もなければ2年後返してもらえればいいだけなんでって営業トークができますからね。だから他の金融機関に取られる前に自分とこで借りて欲しいはずなんです。
なので今回は金融機関の提案に素直にのって、借りれるだけ借りておくことをオススメします。