税理士の枠にとどまらない
経営のパートナー坂本拓真税理士事務所


お知らせ

2020.05.29 お知らせ

小規模事業者持続化補助金コロナ特別対応型(第1回締切分)の採択率は81.6%

中小企業庁のホームページより

令和元年度補正予算中小企業生産性革命推進事業として実施している「小規模事業者持続化補助金」の「コロナ特別対応型(第1回締切分)」について、令和2年4月28日から、5月15日まで公募を行い、申請のあった6,744件について外部有識者による厳正な審査を行った結果、5,503件の採択事業者を決定しました。

とのことです。

 

結論からいうと、採択率は驚異の81.6%(; ・`д・´)

 

まぁ、一般型の90.8%には及びませんでしたが、こちらも神回ですね。

 

採択者をみると一般型と両方で採択を受けてるところもボチボチあり、両方で補助金をもらうことはできないため、上限金額が多いのと補助率が上がったことを考えると、両方で採択を受けたところはコロナ型で補助金をもらうんでしょうね。

 

ニュースを見たり聞いたりしていると、コロナちゃんについて少し落ち着いてきた雰囲気を感じます。うちのお客様でも当面の資金が必要なところは日本政策金融公庫、民間金融機関の無利息の融資で手当てをし、もらえる給付金や協力金は要件をチェックしてもれなく申請し、最近は落ちた売上を取り戻すために何をすべきか考えて、そこに県や国が補助金としてお金を出してくれるというのなら積極的に活用していこうと三重県版のコロナ補助金や持続化補助金の申請に取り組んでいます。

 

売上がなくなってかわいそうだからあげるよ→これからも頑張るならあげるよ

 

っていう風にコロナの影響を受けたところへの支援もステージが少し変わってくるのかもしれませんね。