税理士の枠にとどまらない
経営のパートナー坂本拓真税理士事務所


お知らせ

2020.05.10 お知らせ

追加協力金は見送り 財源は市町と議論

シャープのマスク・・・耳が痛いと思いのほか家族には不評だった坂本です。

 

昨日、伊勢市は県が延長した休業要請に協力した事業者に市独自で10万円を支給する方向だとはお伝えしました。

コロナ補正 伊勢市の経済支援について

 

これはその前の話として三重県が、休業要請が31日までに延長された一部の業種に対する追加の協力金について支給を見送る。ことを決めたのを受けてのことでした。

 

追加協力金は見送り、県対策本部員会議「財源は市町と議論」

 

愛知県や岐阜県は休業要請や協力金の対象が一部業種に限定されてしまうことも考慮して、追加の協力金は支給しない方向で検討しているというのに三重県も合わせたようですね。あとは市町村次第ということになるのでしょうが、他の市町村がどうなるか分からない中、伊勢市は10万円を支給するということなので他の地域に比べると恵まれてると言えるのかもしれません。

ただ、事業者にとっては休業要請が5月31日まで続くとなると、あと3週間営業ができないことになりますので、その代わりに10万円払うからって言われても辛いところだと思います。昨日土曜日の夜ですが、事務所からの帰りに車で桜通りを通ると何店舗かのスナックは営業されていました。三重県からの休業要請はある、お客さんは出てきていない、でもお店を開けないと生活もある。

 

何が正解かなんてない話・・・

 

 

こんな時だからこそ、「自分の出したものが自分にかえってくる」ということを意識しながらできることをやっていきたいと思います。

それと同時にコロナ後に向けて坂本拓真税理士事務所としても、おもしろいワクワクする仕事を創造していきたいなと思ってるので、自分とこの三重県版経営向上計画小規模事業者持続化補助金の申請に着手しよっと。