税理士の枠にとどまらない
経営のパートナー坂本拓真税理士事務所


お知らせ

2020.05.07 お知らせ

三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金第2回募集について

♯三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金第2回

♯三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金第3回

♯三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金(感染防止対策型)

 

GWはお客様の申請の支援、無料相談会の開催など持続化給付金漬けだった坂本です(笑)

 

静かなGWも明けたので、今後の三重県における経済活動の再開に向けて、今のうちにやっておく方がいいこと、今後やっていった方がいいことなどを5月5日の英敬さんの三重県知事記者会見の話を振り返りながら確認したいと思います。

 

まずは、三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金の第2回についてですが、

こちらの公募期間については当初は休業協力要請期間の終了後の5月8日(金)から5月22日(金)までを予定しているとのことでしたが、電話をして確認したところ、8日からスタートさせるのは難しいような話をされていました。それと現在の三重県産業支援センターのホームページには5月15日(金)から5月29日(金)までの受付期間として公募開始に向けて準備を進めているということなので、このままいくとあと1週間で公募が始まり、2週間くらいで締め切るようです。

 

 

記者会見でも英敬さんは、今後は協力金等の業種が限定されたものではなく、全ての業種が対象となるこちらの補助金にチカラを入れていくというようなお話をされていました。

 

 

具体的には「第3弾に向けて量の拡大を目指す。」と言われていましたので、

三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金については第3回もあるような雰囲気ですね。

 

また、新たに経営向上支援新型コロナ危機対応補助金(感染防止対策型)で質の向上を目指す。とも言われていました。この質の向上というのはいまいち聞いていても意味が分かりにくかったのですが、内容については、全ての業種を対象に感染防止対策に必要な経費を負担してくれるもののようで、この補助金については今回新設されたものになります。

 

 

対面接客用の消毒液やマスクの購入もいいって書いてあるので、上限は10万円と少ないですが、使いやすい補助金にはなりそうです。対象のところにある「社会生活を維持するうえで必要な施設」ってのがいまいち分かりませんし、受付が5月15日から5月29日とえらく短いのが気になりますが、うちのような事務所でも対面接客用の消毒液やマスクは必要なので、補助金がでるならありがたいですね。私の住んでいる伊勢市でも少し出回ってきた感のある使い捨てのマスクですが、昔の値段を覚えているのでどうしても高い印象がぬぐえません。ただ、県が補助金を出してくれるならちょっとくらい高くても・・・ってなるかも(笑)←笑いごとではないですね。

※5月8日追記:伊勢新聞の記事を見ると売上高が前年同月比で15%減となった県内の中小事業者が対象のようです。そもそもこの三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金の対象がそうだからそりゃそうだって話ですね。

 

でもまたこれも詳しい情報が出たら即確認してご紹介したいと思います。

ちなみに、5月7日現在の三重県のホームページには

※「三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金(感染防止対策型)」については、詳細が決まり次第ご案内します。

とあるのみです。

 

さぁ、こうなってくると三重県知事がチカラを入れると言ってるのですから、事業者としてはそこにのっていかない手はありません。三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金の第2回については正式な募集案内は出ていませんが、第1回とほとんど変わらないことが予想されますので、三重県版経営向上計画のステップ2、ステップ3の認定をまだ受けていない方は、まず三重県版経営向上計画をつくる。どうやって作っていいか分からないなら商工会議所や商工会に相談する。その上で、三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金の申請書類について、第1回のものでいいので確認して、正式な公募が始まるのを待ちましょう。

 

そして、一番大事なのが・・・

 

三重県のホームページとか三重県産業支援センターのホームページを毎日チェックなんてできないよというお忙しい事業者の方は坂本拓真税理士事務所のホームページだけは毎日チェックして、最新の情報を仕入れていきましょう(笑)